top of page
  • 一般社団法人DRC協会

【お知らせ】二等無人航空機操縦士 学科試験の予約が始まります

必要2022年12月5日から始まる国の無人航空機操縦者技能証明制度に合わせて、同日12月5日10時より二等無人航空機操縦士試験の予約ができるようになります。試験自体も予約次第随時受験可能となる見込みです。


一等無人航空機操縦士の試験は予約開始時期はいまのところ発表されておりませんので、情報公開をお待ちください。


無人航空機操縦士技能証明を取得するには、学科試験、実地試験、身体検査に合格する必要があります。



学科試験は、指定試験機関である一般財団法人日本海事協会の開催する試験を受験する必要があります。学科試験の位置づけについては解説が長くなりますので、詳細はここでは割愛しますが指定試験機関である一般財団法人日本海事協会のサイトよりフロー図を引用しますので、ご参考にしてください。詳細は以下のリンクよりどうぞ。


引用元:一般財団法人日本海事協会HP12月4日時点(https://ua-remote-pilot-exam.com/guide/overview/



なお、学科試験はプロメトリック株式会社のCBT(Computer Based Testing)というPCを用いた方式で行われ、プロメトリック株式会社のテストセンターに加盟しているテストセンターで、無人航空機操縦士試験が予約可能な日であれば比較的いつでも受験可能なようです。



試験会場も比較的自由度が高く、例えば岐阜県内であれば三か所の試験会場があるため、地方在住の方でも都市部に出なけらばならないということはなさそうです。



試験会場の確認はこちらからできます。


プロメトリック株式会社無人航空機操縦士学科試験:http://pf.prometric-jp.com/testlist/d2/reserve.html


ここでは、二等資格の学科試験を指定試験にて予約するために必要な事前の手続きについて紹介します。


※ 国の無人航空機操縦士技能証明については本記事では下記リンクより国交省の制度説明がある「無人航空機操縦者技能証明等」ページと指定試験機関である一般財団法人日本海事協会の「無人航空機操縦士試験」ページをご参照ください。


・国土交通省:


https://www.mlit.go.jp/koku/license.html


・一般財団法人日本海事協会:


https://ua-remote-pilot-exam.com/


二等資格学科試験を予約するまでの準備には次の2つのシステム上での手続きが必要です。



1つ目は国交省のシステム2つ目は日本海事協会のシステムです。

それぞれアカウント取得が必要です。なお、DIPS2.0で技能証明申請者番号の取得にはマイナンバーカード+カードリーダーまたは運転免許証が必要です。

1. 技能証明申請者番号の発行(国交省DIPS2.0を使用)


DIPS2.0の「申請について」より技能証明申請者番号の発行が必要です。発行に先立ち、DIPS2.0の個人アカウントを未取得の方はアカウントを取得する必要があります。



2. 一般財団法人日本海事協会「無人航空機操縦士試験」にてアカウント取得し、受験資格の確認



では下記より詳細な説明記載します。


DIPS2.0のアカウントを取得


まだDIPS2.0の個人アカウントを取得されていない方は、国土交通省のシステムであるDIPS2.0でアカウントを取得する必要があります。すでにドローン機体登録のポータルサイトで機体登録を行っている方はその時に取得したアカウントを使用することができます。



注意点は、必ず個人アカウントを使用する必要があるということです。企業アカウントでは、受験番号の取得はできません。おそらく資格は個人に紐づくためだと考えられます。


これからアカウントを作られる方は下記リンクをご使用ください。


・申請について(国交省HP 航空>航空安全>無人航空機操縦者技能証明等より)


https://www.uapc.dips.mlit.go.jp/lic/menu



国交省DIPS2.0で技能証明申請者番号の発行


DIPS2.0の個人アカウントをを取得したら、DIPS2.0の技能証明申請申請者番号発行のための「申請について」からDIPS2.0にログインしてください。




・申請について(国交省HP 航空>航空安全>無人航空機操縦者技能証明等より)


https://www.uapc.dips.mlit.go.jp/lic/menu



ログインしたら左上の「技能証明申請者番号の取得」をクリックして、手続きに進んでください。




基本的には機体登録などの時と同じように個人情報の入力等をして手続きを進めていきます。


途中に、実地講習を受講予定の登録講習機関のコードを入力するフォームがありますが、私がアクセスした時点では19校しか記載されておらず、どこで受講するかは未定であったため空欄で手続きを進めました。



フォーム内の説明にもありましたが、登録講習機関のコードは技能証明申請者番号を取得したあとでも入力可能とのことで、ここでは受講先が未定であれば空欄で問題ないと思います。



最後に申請をすると、確認メールが登録しているメールアドレスに届きますので、必ずそのメール内の確認リンクをクリックしてください。



これは機体登録の時と同じ流れです。おそらくこの作業を忘れて手続きが進まなかった経験をお持ちの方も多いはずです。必ず登録しているメールアドレスでメールを確認してください。


今回、当協会にて確認した際は申請した翌日に番号が発行されました。



一般財団法人日本海事協会「無人航空機操縦士試験」でアカウント取得と受験資格の確認


技能証明申請者番号を取得したら、次に日本海事協会の「無人航空機操縦士試験」ページにて、アカウントを取得し、受験資格の確認申請をします。



アクセスは以下からできます。


一般財団法人日本海事協会「無人航空機操縦士試験」:https://ua-remote-pilot-exam.com/


右上の「試験申込システム」をクリックします。


新規登録をクリックしてください。


必ず、DIPS2.0に登録しているメールアドレスでアカウントを取得してください。








指示に従いメールアドレスを入力し、認証メールを送信し、ご自身のアカウントで無人航空機操縦士試験申込システムから送られてくるメールを確認し、認証を完了してください。


アカウント登録が完了し、ご自身のアカウントでログインすると、「受験資格の確認」ができます。学科試験を予約するに先立ち、必ず「受験資格の確認」が必要になります。料金は無料です。上記画面で申込をクリックしてください。


受験資格の確認・申込画面で、DIPS2.0で取得した技能証明申請者番号を含めたご自身の情報が正しく表示されていることを確認してください。




必要事項にチェックを入れて次へ進むにし、申請を完了してください。


学科試験予約までに手続きは以上です。あとは、学科試験の予約が開始されたらご都合のいいタイミングで学科試験が受験可能になります。


※ ご不明点については当協会までお問合せください。また、無人航空機操縦者技能証明制度については現在進行中の制度であり、当協会でも随時情報収集、検証等行っており、正確な情報提供に努めておりますが、完ぺきなものでないことをあらかじめご了承ください。

記事内で紹介している内容については必ずご自身の判断で最終的にご登録ください。

bottom of page