top of page
  • 執筆者の写真一般社団法人DRC協会

【土木・建設業様向け】令和5年度CPDS学習プログラム認定講習開催のお知らせ

更新日:2023年11月17日





ドローンによる測量及び近年のドローン関連制度をテーマに、一般社団法人全国土木施工管理技士会の継続学習制度(CPDS)の認定講習会を開催します。



建設現場の様々な場面で活用される機会が増えているドローン(無人航空機)を使った3次元測量は、国土交通省が推進するi-constructionの一環として、広く採用される傾向にあります。



また、昨年12月より無人航空機操縦者技能証明制度が開始され、ドローンを取り巻く環境は大きく変化しております。


今回は、このようなテーマについて実際のドローンの写真データを基にした測量の実習と操縦体験を含む実践的な内容の講習を開催し、修了者にはCPDS学習プログラムの4ユニットが付与されます。



開催要領


案内文書:

・開催のご案内

2023CPDS講習会開催のご案内
.pdf
ダウンロード:PDF • 447KB

・開催詳細と申込書

20231130CPDSセミナー詳細と申込書
.pdf
ダウンロード:PDF • 423KB


開催日:令和5年11月30日(木)10:00~15:00(受付開始9:45~)

申込期限:令和5年11月24日

会場:岐阜県郡上市八幡町小那比6270-1 おなび生きがいセンター 多目的ホール及び体育館


講習内容及び時間(全日程に出席することで4ユニットが取得できます。)


10:00~12:00 測量におけるドローン活用事例と実習

・UAV測量の基礎知識

・写真解析ソフトの実習


12:00~13:00 休憩


13:00~15:00 ドローンの概要及び体験

・ドローンの飛行に関する注意点

・操縦体験



受講料:5,500円(一人当たり税込価格)

定員:15名

持参品:ノートパソコン(測量実習用)、CPDS技術者証、筆記用具、体育館シューズ、昼食

主催:一般社団法人DRC協会


最新記事

すべて表示

【注意喚起】飛行日誌の作成義務について

2022年12月の法改正により、特定飛行を行う者の飛行日誌の作成が義務化されました。作成をしないで特定飛行を行った場合は10万円以下の罰金が科されます。特定飛行を実施する場合は必ず飛行日誌を作成してください。

Comments


bottom of page